49歳 女性 母の葬式で…笑ってよいのかいけないのか

私は49歳の主婦です。

10年ほど前に母を脳梗塞で亡くしました。

当時の私はまだ結婚をしておらず、自由気ままな生活をしておりました。

結婚しなくても、お母さんがいればいいや、掃除も洗濯もしてくれるし、食事も作ってくれる…そんなことを平気で言っておりました。

脳梗塞で倒れた母は、意識不明のまま、2日後に、天国へ旅立ちました。

最後のお別れのことばももらえませんでした。

早く結婚をして孫を抱かせてあげればよかったと、今でも後悔しております。

と、ここまでは普通の話しです。

お葬式の日は、2月の寒い日でした。

兄夫婦は、5歳と2歳の娘を抱いて参列していました。

私と父、兄、妹は、最前列に座りました。

その後ろで、兄嫁が2歳の姪を抱いて座っていました。

長い長い読経で、さすがの姪っ子たちも飽きている様子でした。

2歳の姪が徐々にぐずり出しました。

兄嫁が、小声であやしながら、飴玉を舐めさせていました。

その飴玉には、バーバパパの絵が描いてありました。

それを見るなり、姪は歌い出したのです。

「バーバパパのおっぱい、好かん! ばあばのおっぱいも、好かん!」
静寂の中で、姪の歌声が響き渡りました。

私は思わず吹き出しそうになりましたが、ぐっとこらえました。

すると、姪は、しつこいくらい繰り返し、「バーバパパのおっぱい、好かん! ばあばのおっぱいも、好かん!」と歌い続けました。

横を見ると、妹も笑いを必死でこらえているのが分かりました。

それを見ると、私はますます可笑しくなって、肩を震わせて笑いをこらえました。

後ろから見ていた人は、「肩を震わせて泣いている」と思ったようですが?
この話しには伏線があります。

以前、兄嫁から姪を預かったことがありました。

姪は夜になると、兄嫁のおっぱいを吸って眠る習慣があり、この日はなかなか寝付けませんでした。

そこで、母が、試しに、自分のおっぱいを姪に吸わせたところ、「好かん!」と言って、寝てしまったというエピソードです。

このエピソードなしには、母の葬式は語れません。

今でもあのときのことを思い出します。

私たちは必死に笑いをこらえたけれど、笑った方がよかったのではないか、と思うことがあります。

それがお母さんらしいというような気もします。

後になれば、そんなこともあったねって、言えるような日が来るのですから。

むしろ、その方が良い想い出になったかも知れません。

お葬式は、体裁を気にせず、泣いたり笑ったりして、ありのままで送り出してあげた方がいいと思う今日このごろです。